心と体を大切にする生活

心と体を大切にする生活

健康オタクなミニマリスト 。社会人やめました。好きなことして体に優しくしたいです。

【YouTubeで人気レシピ】初めてのペッパーランチ作り!焼肉のタレは市販ではなく手作り

f:id:asaasa2134:20210612145516j:image

 

 

ペッパーランチSNSで流行りだそうなので、ブルーノのホットプレートを使って作りました。

 

私はYouTubeを見て作り方をチェックしました。

 

材料も少ないので材料費も安い!作り方や味付けも簡単!という話題のペッパーランチ

 

フライパンで手軽に作ってランチにしても、家族みんなでホットプレートを囲んで夜ご飯にしても大丈夫です。

 

 

 

健康オタクはペッパーランチの焼肉のタレの成分が気になる

作り方をYouTubeで見ていて気になったのが焼肉のタレ。

家には家族が使っている添加物が含まれてる焼肉のタレしかありません。

そこでネットで手作りの焼き肉のタレの作り方を調べて、味付けにはそれを使いました。

 


本当はりんごや蜂蜜も入れるそうですが、りんごは手間だし蜂蜜は味が予想できないのでやめました。

 


カンタン手作りの焼肉のタレのレシピ

  • しょうゆ(多め)
  • みりん(多め)
  • 酒(普通)
  • ごま油(やや少し)
  • 砂糖(少し)
  • にんにく(少し)
  • しょうが(少し)
  • すりごま(お好み)

 

バターや塩胡椒でも味付けするので、分量は適当でOKでした。自分の食べたい味を多めに入れれば大丈夫です。

 

これで無添加の焼肉のタレが完成!!

外食して店舗で食べるよりも健康的です。

 

 

 

 

ブルーノのホットプレートを使うペッパーランチの作り方

  1. ブルーノに米油を塗る
  2. お肉を周囲に乗せる
  3. 真ん中にご飯→バター→塩胡椒→コーン→細ネギを乗せる
  4. ブルーノをオンにして、初めは肉だけをひっくり返しながら全体を混ぜていく
  5. タレを入れて、塩胡椒で仕上げる 
  6. もっと火を通したければ蓋を閉める

 


これだけです!

先に肉だけ焼くとご飯に肉汁が混ざらないので、お肉は生のままご飯も入れて火にかけるのが美味しくなるポイントだそうです。

 


味が薄いと感じた場合は、タレをたくさん入れるのではなく、塩コショウで調整するといい感じでした。

 

 

 

 

ペッパーランチにもう一品】一緒に食べるとあう付け合わせメニュー

サラダです!!

マカロニやポテトサラダのようなマヨネーズ系ではなく、レタス・キュウリ・トマトのようなさっぱりした野菜サラダがよく合います。

 


ペッパーランチが焼肉のタレやバターの味付けなので、野菜サラダを途中で食べるとサッパリ。

 


ブルーノの鉄板で熱しながら食べるので、サラダのような冷たい物は口が冷やされてオススメ。同じ理由で冷たいお豆腐も合います。

 

もう一品の副菜は、冷たいメニューが絶対におすすめです!

 

 

 


ペッパーランチは夏にオススメ

ブルーノで調理している最中は少し暑いですが、材料の準備中は火を使いません。

なのでキッチンでは涼しく準備ができます。

 

ちなみにお肉はご飯に混ざりやすいようにあらかじめ切って使うので、上等で1枚が大きな牛肉を使う必要はありません。

 

 

 

ペッパーランチをはじめて作ってみた感想

準備が簡単なのに食卓がとても華やかになるし、家族もテンションが上がっていました。

 

ぶっちゃけ冷静に考えると牛肉入りの豪華なチャーハン(とか混ぜご飯的なもの)なんですが、ホットプレートで作ると楽しくていいですね。

 

味付けも嫌いな人はいないレベルに万人受けするのでリピート確定です。

 

たべてみて、これは確かにYouTubeであれだけ取り上げられてるはずだなと分かりました!