心と体を大切にする生活

まったり〜!

アトピーの方に役立てますように…!

【電気代半額】冬の電気代の簡単節約術!3万円→1.5万円へ

f:id:asaasa2134:20210421220554j:image

 

冬の電気代を3万円→1万五千円に下げることに成功しました!

 

3万円って高すぎ……。

 

結論を先に書くと、ポイントは加湿器とデロンギヒーターの稼働時間です。

 

 

電気代を節約しようと思った理由

実家暮らしなので自分のお金ではありません。

ですがさすがに3万円はヤバイと思いました。

なので初めて電気代を意識した生活をしました。

 

 

 

ブレーカーが落ちたときに消えるものが電気らしい

一人暮らしをしたことがなかったので、そもそも何が電気で何がガスか分からないレベルでした。

とりあえずブレーカーが落ちた時に消えるものが電気か…ということを理解しました。

 

電気に関しての知識はこのレベルでしたが、節約術を考えるのは楽しかったです。

また来年の冬に忘れてしまわないように残しておきます。


ガチガチではなく、ストレスなく楽しんでできるレベルのものです。

 

 

 

誰でもできるカンタンで効果的な電気代の節約法

f:id:asaasa2134:20210421220642j:image

  • お風呂に入ってるときは洗面所の電気を消す

これまでは服を脱ぐときに洗面所の電気をつけて、つけっぱなしでした。

 

反対に、洗面所はつけっぱなしでお風呂の電気を消すのもおすすめです。

ほんのり洗面所からの光がさしてくる中でお風呂に入るのは中々楽しいです。

光が強くないのでとてもリラックスできます。

 

 

  • 日中は洗濯物を室内に干して加湿器off

洗濯物の一部を室内干しします。

 

ハンガーにかけた洗濯物をリビングや自分の部屋にそれぞれ3〜4枚ほどかけてます。

湿度計を見ても結構しっかり湿度が上がります。

24時間加湿器を稼働させていましたが、これで日中は消すことができました。

 

加湿器はかなり電気代を使うので目に見えて効果があります。

 

 

  • 夜の加湿器はタイマー機能を使う

加湿器の話ばかりですが、家の電気代のほとんどが24時間近く稼働してる加湿器とヒーターだったからです。

 

寝る前までに洗濯物で湿度を50まで上げておくと、安心してタイマーで眠れます。

 

夜は洗濯物が乾くので加湿器と同時並行して濡れタオルも干しています。

 

 

  • 加湿器にはお湯を入れる

まず加湿器の水を沸かせてから湯気が出るタイプなので、沸かす手間を省きました。

 

はじめに、水道が水のうちに夜に干すタオルを濡らします。

お湯になってから加湿器に入れると水道代の節約にもつながります。

 

 

  • ゆたぽん、あずきのチカラをフル活用

だいたい4時間ほど開ければ繰り返し使えるそうなので日中はフル活用してました。

これで日中のヒーターも消せます。

 

 

  • ヒーターで部屋を暖めるのではなくカイロで体を温める

部屋全体をヒーターで温めようとするとかなり電気代がかかります。

カイロや湯たんぽで人間のみを温める作戦です。

 

とても寒くて調子の悪い日はカイロとゆたぽんとあずきのチカラを、あたたかい日はゆたぽんとあずきのチカラで乗り切ってました。

 

 

  • 靴下、スリッパ、レッグウォーマー、腹巻はかかさない

湯たんぽやカイロは少額とはいえお金がかかりますが、これは初期費用だけなので使わない手はないです。

足元の冷え対策は1番気を使っていました。

 

 

  • 白湯を飲む

体の中から暖かめてしまえという発想。

水分をとるのは体の為にもなり、一石二鳥です。

 

 

 

1か月電気代を節約してみた感想

f:id:asaasa2134:20210421220621j:image

これで冬の電気代が3万円→1万5千円まで下がりました。

 

半額は正直驚きました。

 

デロンギヒーターと加湿器がほぼ24h稼働状態だったのを大幅に減らしたのが圧倒的に節約できた理由です。