心と体を大切にする生活

まったり〜!

アトピーの方に役立てますように…!

【季節の変わり目の風邪に注意】いまこそ気を抜かずにあたためる

f:id:asaasa2134:20210412110057j:image

いくら暖かくなったからといって、まだ夏のような暑さなわけじゃないから、薄着をしてしまうと体が冷えます。

 

少し暖かくなってきた今こそ、調子に乗らず体をあたためるのが大切だなと思いました。

 

この時期に気をつけてることを書いてみます。

 

 

f:id:asaasa2134:20210412110128j:image

 

 

布団乾燥機であたためる

あつあつに仕上がったお布団につつまれると、岩盤浴で寝転んだ時のような感じがするので好きです。掛け布団を体に巻きつけると、よりあたたまります。

太ももの下にあずきのチカラ肩用を敷くとさらに岩盤浴感が増します。

 

 

足元に湯たんぽ

私はゆたぽんをつかっています。

足が冷えてたんだなぁと実感できます。

寝るときは、靴下・レッグウォーマー・湯たんぽの中からその日の気温や体調に合わせて選びます。

布団を蹴飛ばす可能性があるから足元は大切。

 

 

お腹にカイロ

少し暖かくなったこの時期でもぜんぜんしていいです。あたたかくて、ほっとします。

肩でもどこでもいいので1枚貼ってみるとちがいます。

 

 

首の詰まった服を着る

首、手首、足首のあいた服を着ると風邪の元になります。

特に首は1番気をつける。

 

 

一枚上着を羽織る

全然寒くないと思っていても、一枚羽織ると寒かったことに気付かされます。

 

 

少し分厚めの靴下を履く

やっぱり足は冷えがちなので。

周りに合わせて真冬の服が着にくくなった時に、冷え性の私は靴下で調節してました。

 

 

寝る時絶対寒い格好で寝ない

寝てる時に寒くてそのまま体調を崩すパターンが多いです。

どれだけ疲れていても寒くない格好で寝ることだけは絶対に守っていました。

 

 

白湯やお味噌汁を飲んで中から温める

結局は体の中から温めるのがはやい。

健康にもいい食べ物なので、一石二鳥です。

 

 

さいごに

f:id:asaasa2134:20210412110208j:image

一瞬気を緩めて寝落ちしただけでその後何日も体調不良になるのはごめんです。

 

寝落ちしそうなときは最低限服だけはきちんとしていました。