心と体を大切にする生活

まったり〜!

アトピーの方に役立てますように…!

【段ボール箱買い】お歳暮みかんを美味しく食べたい!正しい保存方法と長持ちさせるテクニック

f:id:asaasa2134:20201209194745j:image

みかんの季節がやってきました。田舎から送られてきたり、お歳暮で貰ったりと、みかんの段ボールがあるお家が多いと思います。

 

わたしの家にも先日届きました。その時にみかんをできるだけ長くおいしく食べたいと思い調べました。せっかくなのでまとめてみます。正しい保存方法なら2~3週間持つそうです!

 

 

 

【みかんが届いたらする手順】

  1. 段ボールをさかさまにして開封
  2. カビになってるものを取り出し、残念だけど捨てる
  3. 寿命が近そうなみかんを野菜室に入れる。(個別にペーパータオルで包んでからビニール袋に入れるとより乾燥しにくい)
  4. 段ボールの底に新聞紙を敷き、ヘタを下にしてみかんを並べる。新聞紙を敷く理由は湿気対策なのでペーパータオルでもOK。1番上にも新聞紙をかぶせる。
  5. 段ボールを風通しがよく直射日光の当たらない玄関や廊下に置く。その際、通気性を確保するために蓋は開けておく。

 

 

【救出するみかんの特徴】

  • カビてたみかんの周りにいた子たちは伝染しやすいので、綺麗に見えても救出してしっかり洗ってください
  • 底のほうで、重みで変形しているもの
  • 実と皮の間にポコッと隙間があるもの
  • ヘタが茶色いもの(緑のほうが新鮮です)

 

 

【ヘタを下にして戻す理由のはなぜ?】

みかんの中でヘタが1番固いから。その固いヘタを下にすることで、みかんの重みで潰れるのを軽減してくれる効果を狙います。

ヘタを下にして戻す際もゆっくりと。みかんって意外にも繊細で傷つきやすいらしいです。

 

 

【めんどくさい方は最低これだけでも!】

  1. 段ボールをさかさまに開封してやばそうなみかんだけ野菜室へ
  2. 段ボールの上に新聞紙を敷いて、玄関か廊下へ

はじめにカビてるみかんを救出することが必須です!

 

 

【おまけ:袋のみかんの保存方法】

スーパーで買ったり、おすそ分けで頂いたりする袋に入った少量のみかんの保存方法も調べたのでご紹介します。

正解は、冬場はザルかかごに入れて涼しくて風通しのいい場所に置いておくだけ。

夏は冷蔵庫が最適ですが、冷蔵庫は乾燥しやすいので寒い冬は常温が正解(冷たいのが食べたい方は野菜室へ)。こたつの上に放置は暖かくなるのでだめです。

 

 

【さいごに】

f:id:asaasa2134:20201219225156j:image

いくら2~3週間持たせられるといっても、1家族で1箱消費するのは中々厳しいです。なので、私の家は届いたらすぐにおすそ分けしています。古くなってから慌てても今更渡すことはできないので、名残惜しくても渡す!最終手段はミックスジュースや冷凍ミカンにすることです。