心と体を大切にする生活

まったり〜!

アトピーの方に役立てますように…!

アトピーで肌が敏感なときにしてることー保湿編ー

f:id:asaasa2134:20210204163603j:image
アトピー持ちの私が、保湿に関する気をつけてる内容をかいていきます。
アトピーまではいかなくても、敏感肌の方にも役立てれば嬉しいです🌷

このシリーズは、『服編』『お風呂編』に引き続き3つ目になります。

 


お風呂上がりの保湿

f:id:asaasa2134:20210204164137j:image

お風呂上がりの体の保湿は、アトピーの酷さによって3種類に分けてしています。

 

シンプルにボディクリームを塗るだけです。私は『matsukiyo 弱酸性ボディミルク 無香料 400ml』か『ヴァセリン アドバンスドリペアボディローション』を使用しています。香料の入ってないものや、成分がシンプルなものを選ぶようにしています。

まず染みない体に合った化粧水を塗り、その上にワセリンで蓋をします。
化粧水はセザンヌの『セラミド化粧水』を、ワセリンは『サンホワイト』を使用しています。

 

シンプルにステロイドの薬を塗り、終了。

 

 

 

寝る前の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165211j:image

とくに乾燥の激しい膝裏・首回り・肩回り・手の甲に、化粧水とサンホワイトを付け足して寝ます。
痒みがひどいときはステロイドも塗ります。夜中は無意識に痒いてしまいがちなので、たっぷり塗るのがポイントです。


本当にひどい日は綿のサポーターを肘につけたり、綿の手袋をしたりします。


ねる前は乾燥してないから大丈夫だろうと油断してしまうと、寝てる間に乾燥して掻きむしってしまうので、油断せずに塗り直すことがポイントです。

 

 


朝の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165222j:image

夜中に汗をかいてるため、まずは汗を取る作業から。柔らかなタオルを濡らして、絞ります。そして決してこすらずに、トントンと痒くなる部分を拭き取ります。その上に化粧水とサンホワイトをつけます。


夜はステロイドもつけましたが、朝は基本的にはつけません。夜中に痒くて痒くて掻きむしった痕跡があれば、そこには例外でつけています。


汗をかいてないと感じても、全部着替えます。アトピー なので出来るだけいつも清潔にを心がけます。

 

 


日中の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165232j:image

朝の保湿から、濡れタオルを省いた感じでします。少し痒いな?肌が切れそうな感じだな?と感じたら、こまめに化粧水とワセリンを繰り返します。

 

 


手の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165240j:image

手を洗うたびに必ずします。
化粧水とサンホワイト のセットです。
爪の周りは乾燥しやすく、保湿も忘れやすい箇所なので意識して塗るようにしています。手はかなり荒れていても、このこまめなケアをしていると2日程度で最悪な環境から脱出できます。手は治りも比較的早いと感じます。肘・膝はなかなか治らない気がします。とくに跡が中々消えません。年単位で付き合っています。

 

 


お部屋の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165249j:image

部屋が乾燥していると絶対に自分も乾燥します。梅雨の時期は別ですが、基本的には年中加湿器をつけています。
加湿器プラス濡れタオルで予防しています。
湿度の目安は57くらいが好きです。本当は60ぐらいが心地よいですが、部屋がカビになってしまっては嫌なので我慢しています。基本的に湿度は高めなので、こまめに換気しています。


湿度を高くしすぎた時、一度だけ部屋中に新聞紙を広げて除湿しようとしましたが、部屋が新聞臭くなりました。除湿するときはエアコンの除湿モードにするべきでした…。ちなみにあまり効果もなかったです。おすすめしません。

 

 


体内の保湿

f:id:asaasa2134:20210204165259j:image

結局いくら外から水分を与えても、自分自身がカラカラだと効果半減です。なのでこまめに水分を取るのも大切にしています。温度とか取る時間とかも大切ですが、細かいことはあまり気にせず、とにかく水分を入れています。ジュースは痒くなるので普段は飲みません。

 

 


今回はステロイドなども出てきて、かなりアトピーの方寄りの話になってしまいましたが、なんども保湿すること・部屋の湿度・水分などは敏感肌の方にも使える内容だと思うので、お役に立てれば嬉しいです。

でもステロイドはかかりつけのお医者さんの言ってる頻度で塗るのが大切です。